HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 東京世田谷インプラントの治療に制限はなし

東京世田谷インプラントの治療に制限はなし

骨造成手段の1つGBR法について

このように東京世田谷インプラントセンターでは失った歯の機能を再現させるだけでなく、矯正の分野でも注目されていますが、"インプラントによる治療を成功させるための条件"として欠かせないのが、インプラントを植立させるための安定した土台、すなわち十分な高さと厚みのある"歯槽骨"の存在です。

けれども東京世田谷インプラントの治療は、年齢的には一般には男性は22歳、女性は20歳くらいで骨の成長が止まった時点で可能となり、簡単な手術を受けられる体力があれば上限は特に設けられていません。

そして実際に最も多い層は"団塊の世代"と言われる還暦前後であるために、歯周病が進行していたり失った歯が長い間放置されたりしていることも多く、インプラントの植立には最低でも5mm程度の幅が必要なのですが、治療の前の検査で"歯槽骨"の高さや厚みが不足しているのが分かることも多いようです。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。