HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 骨と結合したインブラント

骨と結合したインブラント

歯科ではそのような症状に対して、まず"骨造成"を行って土台をしっかり整えるという治療から始めます。

その1つ目"GBR法"は別名"骨誘導再生"とも呼ばれる方法で、歯肉を切開してインブラントを埋め込む穴を開けた時に集まる人工骨や自家骨をインプラントの周囲の隙間に埋め込んで土台を固め、その部分をカバーするためにゴアテックスなどの特殊な膜で覆っておきます。

この後でその部分を再び歯肉で覆って縫い合わせ、骨とインブラントが完全に接合されるまで待つのですが、補てんされた移植骨は周囲の骨と結合してインブラントが通常の咬合に耐えられるほどにしっかり結合してくれます。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。