HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 歯科衛生士求人している歯科医師で治療を受けずに

歯科衛生士求人している歯科医師で治療を受けずに

この空洞の存在はあまり知られていなくて、ましてこのようなところで炎症が起こることがあるというのもあまり聞いたことがありませんが、眼痛や鼻汁、歯の痛み、片頭痛などという症状を伴い慢性化することもあるのだそうです。

ところで歯科衛生士求人している歯科医師にて適正な治療を受けずに、歯を失った部分を放置しておくと、歯槽骨の吸収が進んで"上顎洞"は次第に下がって大きくなり、骨までの距離が2mm~3mm程度とかなり薄くなることも多いようで、インプラントを埋め込みたくても骨の厚みが足りないと言うケースがしばしばあります。

そのような場合には歯肉を切開して器具を挿入し、まず"上顎洞底膜(シュナイダー膜)"を傷つけないように上顎の骨を除去して"上顎洞底膜"を薄くなった歯槽骨から剥がして新たなく空洞をつくり、そこに"骨補てん剤"などを入れるのですが、直接中の様子を見ながら行うことができないので、器具の操作はかなり慎重に行われます。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。