HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 成城 インプラントの骨造成手段

成城 インプラントの骨造成手段

インプラントのための充填がおわったら、歯肉を閉じて骨が造成されるまで6ヶ月~12ヶ月間待ちます。

骨幅が十分になったら、インプラントを埋め込むための穴をあけ"フィクスチャー"と呼ばれる人工歯根を埋め込み、今度はインプラントと骨とが強固に接合されるまで待ってからインプラントの上の部分が取り付けられます。

この方法には成城 インプラント では骨が十分に造成されてから2回目の手術でインプラントの埋め込みを行う2回法と、骨移植と同時にインプラントを埋め込む1回法とがあり、患者にとっては手術回数の少ない1回法が体にも負担も少なくて好都合ですが、2回法で埋め込んだ場合に得られるほぼ100%の成功率に比べると成功率は劣ると成城 インプラントセンターでは言われています。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。