HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 東京のインプラント名医の負担はかなり軽減

東京のインプラント名医の負担はかなり軽減

"上顎洞底膜"もインプラントを挿入する部分から押し上げるために傷口も小さくて済み、患者にかかる負担を軽減させることができますが、外科的ダメージが少ない反面、東京のインプラント名医でも手さぐりで処置を行わなければならないという難しさもあるようです。

そこでこの欠点を補うために、最近では"バルーン"が登場してきました。

これは風船をインプラント用に作った穴の中に入れて外からシリンジという注射器のような器具で水を入れ、風船が膨らむことによって"上顎洞底膜"が上に押し上げられるという作用を利用したもので、これによって東京のインプラント名医 の負担はかなり軽減されるようになったと言われています。

ここで、少し気になる"骨補てん剤"について見てみることにしましょう。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。