HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 世田谷区成城学園前のホワイトニングが絶賛するβ-TCP

世田谷区成城学園前のホワイトニングが絶賛するβ-TCP

日本では一般にリン酸カルシウムを主成分と"β-TCP"と呼ばれる人工骨がよく使われているようですが、これは移植することによってその形を維持したままで天然骨に変わって行くことができるという優れた機能をもっています。

「人間の骨は組織が色々なもので詰まっていて血流が悪いけれども、こうしてできた骨は多孔体なので質的には天然骨よりもいい」と絶賛している歯医者さん世田谷区成城学園前のホワイトニングもいるほどです。

また骨の造成力が非常に優れていて、インプラントのフィクスチャー部分の埋め込みと同時に"β-TCP"を使ってスペースを埋め、骨が造成されるのを待っていたら、次に切開した時にはフィクスチャーのキャップまで隠れてしまうほどたくさん骨ができていることもあるようです。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。