HOME >> 最新歯科矯正・インプラント >> 長さはほぼインプラント 総入れ歯できまる

長さはほぼインプラント 総入れ歯できまる

まず1つ目に挙げられるのが"レントゲン"で、インプラント治療の前には10枚程度のレントゲン写真が撮られますが、これによってインプラントの長さはほぼ確定させることができますが、歯槽骨部分の骨幅は知ることができません。

そこで次に登場するのが、"歯科用CT"です。

"CT"とは"Computed Tomography"の略で、平面的な情報しか得られないレントゲンとは異なりコンピュータを駆使した画像処理と画像再構成という機能によって、顎骨の立体的な形態や、神経の走っている位置、骨密度の検査、歯周病の診断など治療部位の断層写真からそれらに関する3次元的な情報を得たり、インプラント 総入れ歯を埋め込む位置をシュミレーションすることもできます。


最新歯医者ニュース~インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。